太陽光発電は手が届かないものでした。

最近、クリーンエネルギーについてよく聞きます。
夫の実家でも最近、太陽光発電を始めました。
夫の実家の屋根はものすごく広いので、その全面を使って、太陽光発電に必要なソーラーパネルを置いているのです。
この間、その光景を見に行ったら、屋根が太陽の光で銀色にキラキラ輝いていました。
ああ、あれで、電気を作っているんだと実感しました。
そうすると、夫の実家では電気代がかからないし、羨ましいなあと思いました。
うちも、太陽光発電を利用すればいいのにと思って、軽く夫に言ったら、却下されました。
そのソーラーパネルをつける費用というのが、ものすごく高いそうです。
電気代が浮いても、ソーラーパネルの費用分を稼ぐのには、時間がかかるそうです。
本当かどうか知りませんが、10年くらいをめどに儲かればいいのだそうです。
本当に、太陽光発電は費用がかかるのだなあ。
と10年という数字で納得できました。
夫の実家では、将来的に家を売ることを考えていて、太陽光発電ができる家だと価値が上がるという考えだそうです。