ピアノの発表会のリハーサルのこと

今日はピアノの発表会のリハーサルでした。

リハーサルだったので、客席には、リハーサルに来た人しかいなかったで、緊張しないでできるかなと期待していました。

しかし、緊張はやって来ました。

どんなに、会場の人はかぼちゃだと思っても、人間は一人もいないと思っても、視線を感じると、ドキドキしてしまいました。

鍵盤が、いつもの鍵盤じゃないように見えるし、感情なんて、入れて弾けるというものではありませんでした。

とりあえず、早く、終りたい。
帰りたい。
という一心で今日のリハーサルを終えてきました。

発表会は今年で、4回目なのに、いつまでたっても、慣れるということがないです。

レッスンの時のほうが楽しく、感情をこめてできます。

リハーサルでこんなに、小心者なので、明日は、絶対に、緊張の嵐となってしまうと思いますが、明日が終れば天国だと思って、それだけを考えて過ごすことにします。

来年は出たくないと先生に言ってみようと、今日、心に誓いました。

私の友人もピアノを習っていて、明日の発表会に出演するのですが、彼女はリハーサルよりも発表会が好きだといっていました。

人に見られると思うと、張り切るのだそうです。

そんなふうに思える人になりたかったです。

芸能人ってきっとそういう人がなるんだろうなあ。
とふと思いました。
クラチャイダムブラック amazon